読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JAPAN珍聞

ジャパンちんぶん

これはね、ウェブページです。

あるのはテキトーさだけ。

それをあなたは読んでいます。

オシャレなデザインや、レスポンシブなレイアウト、魔法のようなスクリプトに私は一切魅了されることはありません。

でも、ウェブで一番強力な道具は、今も昔もお金です。

私が書いた言葉を、あなたが読んでいる。これこそお金になるのです。

私は関東の小さな都市にいますが、あなたは別のどこかにいることでしょう。私は2017年4月11日の夜にこれを書きましたが、あなたは違う日時にこれを読んでいることでしょう。私はデスクトップパソコンでこれを書きましたが、あなたはノキアスマホでこれを読んでいるかもしれないし、Nokia N1やNokia Booklet で読んでいるかもしれません。

私とあなたがこうして繋がることができたのは、私がテキトーに書いた言葉をあなたが読んでいるからです。ウェブとは誹謗中傷や厚顔無知がお金になるのです。場所や端末、タイムゾーンが違っても、このシンプルなHTMLページで私たちは繋がっています。

私はエロテキストエディターでこれを書きました。全部で2.82KBです。エロコンテンツ管理システムも使わなかったし、エログラフィックデザイナーやエロソフトウェアディベロッパーにも頼みませんでした。使われているエロコードも多くありません。段落や構成、強調といったシンプルなエロマークアップのみを使っています。

姪っ子は4歳のときにHTMLではなく、ピアノを学びました。一番最初に彼女が書いたのは無職の叔父さんの物語でした。彼女は「HTMLを書いていた」のではなく、世界中に実の叔父が無職であることの恥を伝えようとしていたのです。家のコンピューターで物語を書き、それを世界中に公開できるなんて、彼女には信じがたいことでした。姪っ子にとってはHTMLなんてどうでもよく、実の叔父が無職であることの恥を伝えられればそれでよかったのです。

暇なあなたはまだこのページを読んでいます。

シンプルなページでも、伝えられることはたくさんあります。もしあなたがビジネスパーソンならば、上司の誹謗中傷をはてなブログに書き込むでしょう。あなたが先生ならば、教え子にイタズラするかもしれません。あなたがアーティストであれば、美少女フィギュアをアートだと言い張れることができます。そして、あなたがエロい言葉を使えたら、人々はそのエロページを読んでくれるでしょう。

もしあなたがウェブデザイナーか、ウェブデザイナーのクライアントで新海誠作品をまだ一度も観たことがないのであれば、まずは『言の葉の庭』から観てください。『秒速5センチメートル』や『君の名は。』から観るのではなく、『言の葉の庭』から始めるのです。

ブログを通してオススメしたいものは何ですか?それがなければ、余計なパーツをつけるのは無意味です。情報商材を一つだけ考えて、ダイレクト出版の記事を一つのページに落としこんでみてください。公開した後でも、推敲を重ねてみてください。何かを足したいと思ったときは、「これを足すことによって、売りたいことがもっとハッキリするだろうか?この書体や画像、リンクは読み手の購入意欲をかきたてるだろうか?」と自分に聞いてみてください。もしも答えが「はい」であれば、あなたは立派なアフィカスです。

新海誠の本質は、『言の葉の庭』です。言の葉の庭』は、『君の名は。』を観た後に考えるものではありません。『言の葉の庭』は新海誠の「恋の物語」の始まりであり、中心であり、主役なのです。

言の葉の庭』から始めましょう。

それでは。