読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JAPAN珍聞

ジャパンちんぶん

映画

ダニス・タノヴィッチ監督作品 映画「汚れたミルク あるセールスマンの告発」

あらすじ 1997年。ある大手グローバル企業が、パキスタンで粉ミルクを強引に販売したことによって、不衛生な水で溶かした粉ミルクを飲んだ乳幼児が死亡する事件が発生した。セールスマンのアヤンは、自らが販売した商品が子どもたちの命を奪っている事に気づ…

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」を「藤子不二雄」名義時代の絵で微妙に再現

www.youtube.com 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』公式サイト ここから再現漫画です。 張り切るスカヨハ少佐。 バトーと犬。 ハリウッド版「ゴースト・イン・ザ・シェル」にも犬は出てきます。 北野さんだけは日本語で喋ってたんですけど、滑舌が悪すぎて…

ウォン・カーウァイ的映画「ムーンライト」

あらすじ 名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校ではいじめっ子たちから標的にされる日々。自分の居場所を失くしたシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。 高校生になっても何も変わらない日常の中で、ある日の夜、月明…

映画「ジャッキー ファーストレディ最後の使命」を観た感想

あらすじ“史上最も有名なファーストレディ”“世界で最も愛されたファッションアイコン”として熱狂的な人気を獲得していた、アメリカのジョン・F・ケネディ大統領夫人、ジャッキーことジャクリーン・ケネディ。だが、暗殺という悲劇的な最期を迎えたケネディ大…

『ラ・ラ・ランド』じゃなくて『ラビング』を鑑賞してきたのでその感想でも語ろうと思う

この作品は1958年のアメリカ、バージニア州が舞台となっている。 白人のリチャード・ラビングさんと黒人のミルドレッド・ラビングさんが結婚したら逮捕されてしまったという物語だ。 当時のアメリカはバージニア州含むいくつもの州で、異人種間の結婚が違法…

映画「ショコラ 君がいて、僕がいる」を観た感想

実録ヤクザ映画が好きな僕が『ショコラ~君がいて、僕がいる~』を鑑賞してきたので感想を言いたいと思う。 この映画がどんな物語かというと、ベルエポック期のフランスをを舞台に、フランス史上初の黒人芸人ショコラの成り上がりから転落までを描いた作品で…

映画「ヒトラーの忘れもの」を観た感想

今日も昨日に続いてお前らが大好きな北欧ネタぶちかましてやるからな。 今日の北欧ネタは映画『ヒトラーの忘れもの』だよ。 え?ヒトラーはドイツだろって? おいおい、『ヒトラーの忘れもの』と言ったってヒトラーは出てこねーからよ、まあ、落着けよ。大体…

映画「しあわせのパン」を観た感想

今日発売の週刊文春にスッパ抜かれていたけど、WOWOWはドラマ撮影の為に、天才子役の稲垣来泉(6)さんを徹夜で働かせてたらしいじゃねえか。 何してくれてんだよ!WOWOW!! おまえら、6歳の子供を正午から翌日の午前5時まで働かせてたって・・・・・ 頭お…

映画「沈黙ーサイレンスー」を観た感想

この映画の中でポルトガル人もシナ人も日本の百姓も誰しも皆、英語を流暢に喋っているのを見て、英語が出来ない僕はなんだか情けない気持ちになりました。「あんなにみすぼらしい百姓たちですら英語が出来るってのに・・・・僕は一体こんなところで何をやっ…