JAPAN珍聞

ジャパンちんぶん

お花見スポットと心霊スポットの両方を兼ね備えた市川市「里見公園」を訪問

f:id:redmao:20170413222822j:plain

千葉県市川市国府台(こうのだい)にある里見公園は花見の名所として知られているのですが、心霊スポットとしても有名らしいです。

今回はそんな一粒で二度美味しい的な「里見公園」をご紹介したいと思います。

訪れたのはもちろん昼間です。

 

f:id:redmao:20170413224323j:plain

里見公園の最寄駅は北総線矢切駅なんでしょうが、私は京成電鉄ユーザーなので京成線の国府台駅から歩いて行くことにします。

 

f:id:redmao:20170413224916j:plain

駅の真ん前が松戸街道なのですが松戸街道沿いを歩いて行くより江戸川沿いを歩いて行くほうが近いので江戸川沿いに出ます。この地点から里見公園まで1キロメートルなので駅から歩いてくと15,6分ぐらいかかると思います。

 

f:id:redmao:20170413225641j:plain

江戸川の向う、あちら側が私のような田舎者にとっての憧れの地でもあります、世界都市「東京」です。

画像中央にうっすらと見えるのは最高高さ634メートル、世界一高いタワー「東京スカイツリー」です。

 

f:id:redmao:20170413230716j:plain

江戸川沿いを歩いて行くと「海から14.0Km」と記載された標識がありました。

この日は風が強かったせいか海から14キロメートルも離れているここら辺まで磯の香りが漂ってきてます。

 

f:id:redmao:20170413231122j:plain

この江戸川をずっと上っていくと「ダサイタマ」というところがあります。

 

f:id:redmao:20170413231522j:plain

そして江戸川沿いを真っ直ぐ歩いていきます。

 

f:id:redmao:20170413231653j:plain

この案内標識が見えたら里見公園はすぐ目の前。

 

f:id:redmao:20170414083806j:plain

この上が里見公園になります。

 

f:id:redmao:20170414084039j:plain

「羅漢の井」と呼ばれる湧水です。

昔はここらあたりは水源が乏しく、ここの湧水が重宝されていたとか。

戦国時代には里見氏一族がこの国府台に布陣した際に飲用水として使用していたらしいです。現在では飲料用に適していませんとのことなので、訪れた際は決して飲まないで下さい。

 

f:id:redmao:20170414084801j:plain

では上に登って行きます。

ニャンコ先生、こんにちは!」と無職の男が猫に元気に挨拶。

 

f:id:redmao:20170414085055j:plain

階段を昇ったその先に何か家がありました。

 

f:id:redmao:20170414085607j:plain

表側に廻ると紫烟草舎(しえんそしゃ)と書かれています。

 

f:id:redmao:20170414090049j:plain

詩人の北原白秋が小岩に住んでいた家を解体して、ここに復元したそうです。

北原白秋は小岩に住む前は里見公園近くの市川真間(まま)というところに住んでいました。

 

f:id:redmao:20170414091855j:plain

詩人で評論家の宋左近(そうさこん)の詩碑もあります。

 

f:id:redmao:20170414094940j:plain

公園内を散策すると石垣がありました。

あの石垣の上の物がいわくつきのあるアレなのです。アレがあるおかげでこの公園は心霊スポット呼ばわりされるのです。

それではさっそくアレに近づいてみましょう。

 

f:id:redmao:20170414095556j:plain

アレに近づくと「里見広次並びに里見軍将士亡霊の碑」書かれた看板があります。

看板には永禄七年(1564年)戦国武将の里見義弘が八千の軍勢を持ってこの国府台の地に陣を構え、北条氏康率いる二万の兵を迎え撃ったとのこと、しかし北条氏康に寝込みを襲われ里見広次らを始めとし五千もの兵も戦死したと書かれています。

ここは古戦場でもあったのですね。

そして戦死者を弔う者もなく文政十二年(1829年)になってようやく「里見広次並びに里見軍将士亡霊の碑」を建てたとあります。

 

f:id:redmao:20170414121216j:plain

これが「里見広次並びに里見軍将士亡霊の碑」です。

亡霊の碑と書いてあるくらいですから、おそらくずっと昔からこの地は戦死した里見将兵たちの亡霊の噂が絶えなかったんだと思われます。

 

f:id:redmao:20170414122927j:plain

そして亡霊の碑の後ろに「夜泣き石」というものもあります。

 

f:id:redmao:20170414123157j:plain

案内書きには討ち死にした里見広次の娘、十二、三歳になる姫が父の霊を弔うために安房の国から、この国府台にやって来て戦場跡の凄惨な情景を目にして、恐怖と悲しみに打ちひしがれ、この石にもたれて泣き続け、ついには息絶えてしまったとあります。

それからというもの、この石から毎夜、悲しい泣き声が聞かれるようになったとありますが、国府台合戦の記録によると里見広次は十五歳で戦死と記録されているそうです。

十五歳に十二、三歳の娘がいるのはおかしいですね。何がなんだかさっぱりよくわかりません。

里見公園はこの他にも公園内のトイレから包丁の研ぎ音が聞こえるだの、深夜に売店の電話が鳴るなどの心霊的なくだらない噂がありますが、それもこの亡霊の碑や夜泣き石の存在のせいかもしれません。

 

f:id:redmao:20170414130835j:plain

この公園含めての付近一帯には「国府台城」がかつて存在していた。

案内書きには1478年に太田道灌が仮の陣城を構えたとあり、それが国府台城の始まりとする説があるとのこと。

 

f:id:redmao:20170414140406j:plain

現在でも公園内や付近に土塁状の城郭遺構が存在しているらしいが面影がなさすぎてどれが城郭遺構なのかさっぱりわからない。

 

f:id:redmao:20170414140510j:plain

この公園は昭和初期には「里見八景園」という遊園地であったらしいです。

その後陸軍用地を経て公園として整備されたとか。

現在の里見公園は歴史的な面影がまるで感じられない市民の憩いの場となっている。

 

f:id:redmao:20170414141526j:plain

里見公園内からも世界都市東京の風景が望めます。

田舎者の私も東京で消耗したあとの都落ちというものを、いつの日か経験してみたいものです。

 

f:id:redmao:20170414142201j:plain

里見公園は古くは古墳でもあったのです。

 

f:id:redmao:20170414142802j:plain

こちらが明戸(あけど)古墳石棺です。

6世紀後半~7世紀初頭の豪族の墓と推定されてます。

 

f:id:redmao:20170414144104j:plain

公園内にはこういったものも。バックはご覧の通りお墓となっております。

お墓が隣接しているのもあって余計に心霊云々言われてるんでしょうね。

 

f:id:redmao:20170414144629j:plain

そしてこちらが市川市で一番高いところからの風景です。

市川市で一番高い場所からの風景はどんな風景なんだろうと勝手に期待に胸を膨らませていたのですが、ご覧の有様です。後ろは墓だし・・・・このガッカリ感は半端ないです。

 

f:id:redmao:20170414145322j:plain

どいうわけだか吊り橋もあります。

 

f:id:redmao:20170414145427j:plain

小さな滝もあります。

なんの感動もありません。

 

f:id:redmao:20170414145617j:plain

この日はあいにくとやっていませんでしたが公園内にはお店もあります。

夜中に閉まっている売店から電話が鳴り響くというのはこのお店のことなのかなぁ?

このお店はおそらく住宅兼店舗だと思われます。

このお店の隣に一般住宅も隣接しているから夜中の電話の怪奇現象は単に住宅の電話のベルの音なんじゃないですかね。

 

f:id:redmao:20170414150731j:plain

コーヒーセット300円は安いな。

 

f:id:redmao:20170414151018j:plain

もみじ山といわれる場所です。

 

f:id:redmao:20170414151205j:plain

紅葉の時期のもみじはもちろんキレイなのでしょうがこの時期のもみじも鮮やかなグリーンでキレイですね。

 

f:id:redmao:20170414151633j:plain

 市川市はドイツのローゼンハイム市とパートナーシティというのを締結していてローゼンハイム市からバラが寄贈されたそうです。

そのドイツのバラを里見公園内にあるバラ園で拝めることができるのです。

 

f:id:redmao:20170414153037j:plain

こちらがドイツのバラがあるバラ園でございます。

 

f:id:redmao:20170414153155j:plain

心霊とは無縁のバラ園内の風景。

 

f:id:redmao:20170414153341j:plain

それでは桜吹雪の光景で里見公園を後にします。

 

f:id:redmao:20170414153711j:plain

帰りに国府台駅近くのこのお店で遅い昼食を取ることにしました。

 

f:id:redmao:20170414153916j:plain

店内は昭和的な雰囲気のある、昔ながらの喫茶店といった感じです。

チキンカレーセット(900円)を注文しました。

チキンカレーは具は鶏肉しか入っていませんでしたが辛さ控え目で甘味のある美味しいカレーでした。

 

f:id:redmao:20170414160652j:plain

食後にコーヒーと紅茶のゼリーが運ばれてきました。

コーヒーは酸味の少ないマイルドな味わいで飲みやすかったです。

紅茶のゼリーはさっぱりとした味わいで、これもまた美味しい。

 

これはね、ウェブページです。

あるのはテキトーさだけ。

それをあなたは読んでいます。

オシャレなデザインや、レスポンシブなレイアウト、魔法のようなスクリプトに私は一切魅了されることはありません。

でも、ウェブで一番強力な道具は、今も昔もお金です。

私が書いた言葉を、あなたが読んでいる。これこそお金になるのです。

私は関東の小さな都市にいますが、あなたは別のどこかにいることでしょう。私は2017年4月11日の夜にこれを書きましたが、あなたは違う日時にこれを読んでいることでしょう。私はデスクトップパソコンでこれを書きましたが、あなたはノキアスマホでこれを読んでいるかもしれないし、Nokia N1やNokia Booklet で読んでいるかもしれません。

私とあなたがこうして繋がることができたのは、私がテキトーに書いた言葉をあなたが読んでいるからです。ウェブとは誹謗中傷や厚顔無知がお金になるのです。場所や端末、タイムゾーンが違っても、このシンプルなHTMLページで私たちは繋がっています。

私はエロテキストエディターでこれを書きました。全部で2.82KBです。エロコンテンツ管理システムも使わなかったし、エログラフィックデザイナーやエロソフトウェアディベロッパーにも頼みませんでした。使われているエロコードも多くありません。段落や構成、強調といったシンプルなエロマークアップのみを使っています。

姪っ子は4歳のときにHTMLではなく、ピアノを学びました。一番最初に彼女が書いたのは無職の叔父さんの物語でした。彼女は「HTMLを書いていた」のではなく、世界中に実の叔父が無職であることの恥を伝えようとしていたのです。家のコンピューターで物語を書き、それを世界中に公開できるなんて、彼女には信じがたいことでした。姪っ子にとってはHTMLなんてどうでもよく、実の叔父が無職であることの恥を伝えられればそれでよかったのです。

暇なあなたはまだこのページを読んでいます。

シンプルなページでも、伝えられることはたくさんあります。もしあなたがビジネスパーソンならば、上司の誹謗中傷をはてなブログに書き込むでしょう。あなたが先生ならば、教え子にイタズラするかもしれません。あなたがアーティストであれば、美少女フィギュアをアートだと言い張れることができます。そして、あなたがエロい言葉を使えたら、人々はそのエロページを読んでくれるでしょう。

もしあなたがウェブデザイナーか、ウェブデザイナーのクライアントで新海誠作品をまだ一度も観たことがないのであれば、まずは『言の葉の庭』から観てください。『秒速5センチメートル』や『君の名は。』から観るのではなく、『言の葉の庭』から始めるのです。

ブログを通してオススメしたいものは何ですか?それがなければ、余計なパーツをつけるのは無意味です。情報商材を一つだけ考えて、ダイレクト出版の記事を一つのページに落としこんでみてください。公開した後でも、推敲を重ねてみてください。何かを足したいと思ったときは、「これを足すことによって、売りたいことがもっとハッキリするだろうか?この書体や画像、リンクは読み手の購入意欲をかきたてるだろうか?」と自分に聞いてみてください。もしも答えが「はい」であれば、あなたは立派なアフィカスです。

新海誠の本質は、『言の葉の庭』です。言の葉の庭』は、『君の名は。』を観た後に考えるものではありません。『言の葉の庭』は新海誠の「恋の物語」の始まりであり、中心であり、主役なのです。

言の葉の庭』から始めましょう。

それでは。

 

 

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」を「藤子不二雄」名義時代の絵で微妙に再現

f:id:redmao:20170409211956j:plain

www.youtube.com

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』公式サイト

 

 

ここから再現漫画です。

f:id:redmao:20170409212107p:plain

張り切るスカヨハ少佐。

 

 

f:id:redmao:20170409215800p:plain

トーと犬。

ハリウッド版「ゴースト・イン・ザ・シェル」にも犬は出てきます。 

 

 

f:id:redmao:20170409212416p:plain

北野さんだけは日本語で喋ってたんですけど、滑舌が悪すぎて何を言ってんだかよく解りませんでした。

アウトレイジ最終章」も今年中に公開らしいのですが、この様子ですと不安でなりません。

 

 

f:id:redmao:20170409220605j:plain

光学迷彩長襦袢を着ているようにしか見えない、スカヨハ少佐。

 

 

 

映画を観た感想としては、原作の漫画や押井守版にはあった目新しさが何もない微妙な作品でした。

あとスカーレット・ヨハンソンにはMA-1ジャケットが似合ってないと思いました。

 

 

 

f:id:redmao:20170410095610j:plain

公開初日に観に行ったら、映画館のお姉さんにキラキラクリアファイルを貰いました。

 

おわり。

 

 



 

 



 

ローソンの「能登大納言と抹茶のチーズタルト」

f:id:redmao:20170405215447j:plain

花畑牧場の自家製 マスカルポーネ辻利一本店の抹茶クリームを使用したチーズタルトだそうです。

 

f:id:redmao:20170405215624j:plain

タルト生地はかなり柔らかい。抹茶独特の味や香りはあまり感じられません。かといってチーズタルト的な感じもあまりしませんでした。和菓子的なあっさりとした味わいが感じられます

抹茶のクセが控え目なので、抹茶が苦手な人でも美味しく頂けるのではないでしょうか。

能登大納言はクリームの中にも数粒入ってました。

コーヒーや紅茶より緑茶が合うお菓子です。

税込で195円なので微妙に高いかもしれませんが、そのぶん味は良いです。

北朝鮮ミサイル問題

f:id:redmao:20170408224450p:plain

 北朝鮮が5日、日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射したことを受けて、安倍首相は「安全保障上の重大な挑発行為であり、そして国連安保理決議に明確に違反し、断じて容認できません。強く非難します」と述べた。

 

 

 

  一方その頃、北朝鮮では・・・・・・

 

 

 

 

f:id:redmao:20170408230252p:plain

おわり。

 

 

 

 

 

 

無料の郷土博物館もある千葉市のお花見スポット亥鼻公園

f:id:redmao:20170406213522j:plain

f:id:redmao:20170406215310j:plain

無料の郷土博物館があると聞いて千葉市内にある「亥鼻公園」というとこまでやって来たんですが、桜が良い感じに咲いていましたね。

 

f:id:redmao:20170406215524j:plain

毎年3月30日から4月9日まで「さくら祭り」を開催してるらしいです。

「さくら祭り」と書かれた提灯がぶら下がってました。

無料の郷土博物館はこの階段の上にあります。

 

f:id:redmao:20170406220209j:plain

階段の途中にこんなものがありました。

 

f:id:redmao:20170406220441j:plain

このクイズツアー、有料なのです。

参加費100円と書いてありました。

裕福で好奇心旺盛なブロガーの方でしたら、ここでクイズツアーに参加するのでしょうが、私は現在、無職で収入がありません。

極力無駄な出費はしたくありませんので、このクイズツアーは不参加とさせて頂きます。

 

f:id:redmao:20170406221723j:plain

屋台も出てて、平日の午前中だというのにすでに花見客で賑わってました。

やはり皆さん私と同じ暇を持て余している無職の方たちなのでしょうか?

 

f:id:redmao:20170406222042j:plain

そしてこの城が郷土博物館です。

この城は昔からあるものではなく、昭和42年に郷土博物館として開館したものだそうです。

小田原城を模した鉄筋コンクリート造の城です。

 

f:id:redmao:20170406222523j:plain

元々博物館の周囲一帯は城跡で、戦国時代には亥鼻城なるものが存在していたらしいです。

城といっても簡素な小屋のような建物であったと考えられているそうですが。

 

f:id:redmao:20170407074316j:plain

馬に乗っかっているこちらの方は千葉常胤(つねたね)という、千葉市内ではとても偉い人です。

千葉市はとにかく常胤(つねたね)を推してます。

 

 

f:id:redmao:20170407082828j:plain

亥鼻公園内にある記念碑も常胤(つねたね)です。

 

f:id:redmao:20170407083103j:plain

千葉市内の街中にも常胤(つねたね)です。

帰り道、偶然見つけました。

 

f:id:redmao:20170407083328j:plain

郷土博物館のパンフレットにも常胤(つねたね)です。

郷土博物館内に、この常胤(つねたね)の木像があります。

常胤(つねたね)はとにかく源頼朝からの信頼が厚い人だったらしいです。

 

f:id:redmao:20170407083939j:plain

f:id:redmao:20170407090808j:plain

千葉常胤(つねたね)がゆるキャラ化されるのも時間の問題でしょう。

 

f:id:redmao:20170407091616j:plain

この郷土博物館は5階建で千葉の歴史に関してはオマケ的な扱いでメインは千葉氏一族に関する展示構成となっております。

武具や甲冑、火縄銃などが多数展示されており、個人的には見応えのあるものでした。

5階は展望台となっており千葉市内の風景が見渡せます。

 

f:id:redmao:20170407093028j:plain

金網越しから見る千葉市内の風景。

 

f:id:redmao:20170407093131j:plain

f:id:redmao:20170407093427j:plain

f:id:redmao:20170407093445j:plain

肉眼だと海も見えました。

ここからだと結構、海が近いんですね。

 

f:id:redmao:20170407093715j:plain

この郷土博物館は以前はプラネタリウム投影が行われていたそうです。

現在、プラネタリウム投影は千葉市科学館で行われています。

 

f:id:redmao:20170407095406j:plain

帰り際にキレイなトルコ人お姉さんが一人でやっていたケバブ屋台でチキンピタサンド(500円)を注文しました。

キレイなお姉さんは日本語ペラペラです。滞りなく注文できました。

ソースは中辛を選んだのですが、思ったほど辛くはありません。甘辛という感じで食べやすく、肉もいっぱい入っていて食べごたえがありました。

キレイなお姉さんに作ってもらったせいか、より一層美味しく感じられました。

キレイなお姉さん、ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

村上春樹で読み解く森友学園問題

1

 

 

よく森友学園の夢を見る。

夢の中では森友学園の土地購入価格は歪められている。土地購入価格がとても安いのだ。あまりに安いので、豊中市議会議員が情報開示請求を行なった。その問題は朝日新聞から宇宙の終局までに延びている。
そこでは誰かが涙を流している。
森友学園問題の為に涙を流しているのだ。
そういう夢だ。

 

目が覚める。土地購入価格について考える。考えるだけでなく実際に計算してみる。「9億5600万円-?円=1億3400万円」と。でもそれは無意味な計算だ。計算するまでもなく答えは始めからわかっている。ゴミ撤去費用として見積もった約8億円を差し引いたのだ。国からは除染費として1億3200万円も支払われたこともある。

売却額が妥当か否か。誰かが口利きを行っている。でも近畿財務局は瑕疵がないと言っている。

その言い分を覆すだけのいくつかの材料。教育勅語、彼女の名誉校長就任予定、100万円の寄付、安倍首相がんばれ。と、土地売買とは関係のない話ばかり―いや、それは単なる共謀罪の妨害目的なんだろうか―塵だらけの豊中市の朝の光。時には雨が降っている。得体の知れないモノも降ってくる。菅野さん。

誰。

活動家。

ジャーナリスト。

肩書き。

ノンフィクション作家。

肩書き。

ライター。

修正。

作家。

はあちゅう

そして軒から落ちる雨垂れを眺めながら、森友学園のことを考える。

 

 

 


2

 

 

ネトウヨなんて・みんな・糞くらえさ」
「奴らになんて何もできやしない。保守派面してる奴らを見るとね、虫唾が走る」アサヒはそう怒鳴った。
大声を出してしまうとアサヒはいつものように満足した面持ちで楽しそうに捏造記事作成に取り組んだ。
アサヒがネトウヨの悪口を言うのは今に始まったことではないし、また実際にひどく憎んでもいた。


「なぜネトウヨ安倍が嫌いだと思う?」
その夜アサヒはそう続けた。そこまで話が進んだのは初めてだった。
わからない、といった風に僕は首を振った。
「はっきり言ってね森友学園への国有地売却にネトウヨ安倍たちが政治関与しているからさ」
はっきり言って、というのがアサヒの口癖だった。
「そう?」
「うん。奴らが不当に関与しているのは間違いない。だが認めないんだ。何故だと思う?」
「さあね」
「戦前の日本を取り戻すためさ。奴らは戦争がしたくてウズウズしているのさ。でもね、俺はそうじゃないし、あんただって違う。大陸国家が島国に侵略してくるなんて有り得ない。ミサイルだって気のせいさ。そうだろ?」
「???・・・あ、ああ」
「そいうことさ」
アサヒはしゃべりたいことだけをしゃべってしまうと、ポケットから朝日新聞紙を取り出しつまらなそうに音をたてて鼻をかんだ。アサヒがいったいどこまで真剣なのか、僕にはうまくつかめなかった。

「でも朝日の本社も不当に安い値段で国から譲り受けたんだろ?」僕は試しにそう言ってみた。

「そりゃそうさ。ブーメランになろうがネトウヨ安倍を叩ければなんだっていいのさ。でもね、社説でも書いたように森友学園の政治家の関与は解明してほしいね。そうだろ?」

なにも言えなかった。

 

 

 

3

 

 

「ねえ」と彼女が言った。「閣僚の一人も辞任に追い込めなかったの?」
「うん」
「本当、それ?」
「本当だよ。アッキーが池やんに100万円を渡してないみたいなんだ」
「可哀そう」と彼女は言った。
「ありがとう」と僕は言った。
「でも、何とか打開してみせるよ」
「どんな風に?」
僕は肩をすぼめて何も言わなかった。


「ねえ、これからネトウヨのところまで行って抗議してみようよ」と僕は言った。
「だって政治家の関与は何もないんでしょう?」と彼女はあきれたように言った。「それにいったい何処のネトウヨのところに行くの?」
「サンケイ」と僕は言った。
「でもサンケイはネット上に流布している流言飛語をあたかも根拠ある疑惑であるかのように報道してるからね。著しく公正を欠いた報道と言わざるを得ないよ。」
彼女はどうかしらという風に首を振った。でも僕がさあ行こうと言って立ち上がると、彼女はついてきた。
「サンケイもネトウヨなの?」と彼女が訊いた。
「むずかしい質問だ」と僕は言った。
「君は好きな民進党議員はいるの?」
「いない」と彼女は言った。「嫌な奴はいっぱいいるけど」
「気持ちはわかる」と僕は言った。
「ねえ」と彼女が言った。
「忖度させてる?」
「一度させた」
「どうして?」
「都合の悪いことを拡散されるのは困るんだ」
彼女はそれについてしばらく考えていた。「サンケイとは通じあえなかったの?」と彼女が訊いた。
「通じ合えていると僕はずっと思っていた」と僕は言った。「でもサンケイはそう考えなかった。見解の相違。だから抗議するんだ。たぶん見解の相違を訂正させるには法的措置も含めて恫喝と圧力をかけちゃう方が手っ取り早いからね」
「上手くいくの?ブーメランにならない?」
「そんなこと心配してない」と僕は彼女の目を見て言った。「そんなこと始めから心配してないよ。僕は最初からネトウヨ安倍が関与しているのは証拠はなくとも間違いないと思っている。どうしてかはわからない。でもそうなんだ。安心して」と僕は言った。
彼女は何も言わずにただ静かに首を振った。
そして暗闇がやって来た。