JAPAN珍聞

ジャパンちんぶん

ダニス・タノヴィッチ監督作品 映画「汚れたミルク あるセールスマンの告発」

f:id:redmao:20170412112820j:plain

 

あらすじ

1997年。ある大手グローバル企業が、パキスタンで粉ミルクを強引に販売したことによって、不衛生な水で溶かした粉ミルクを飲んだ乳幼児が死亡する事件が発生した。セールスマンのアヤンは、自らが販売した商品が子どもたちの命を奪っている事に気づき、世界最大企業を訴えようとする。アヤンの前に立ちはだかる、途方もなく巨大な権力の壁。しかし、男は人生の全てを投げうって立ち向かう。子どもたちを守るため、そして愛する家族のために─。これはパキスタンで実際に起こった事件を基に描かれる、隠された真実の物語。
(公式サイトより引用)

 

製作年2014年
上映時間90分

www.bitters.co.jp

 

この大手グローバル企業というのが「ネスレ」なのですが、劇中ではドキュメンタリー映画を製作するという設定で描かれていて、最初に「ネスレ」と実名を出しておきながら、訴えられたら困るとの理由ですぐさま「ネスレ」を「ラスタ」という仮名に変えてしまいます。以降「ラスタ」を仮名のままに物語は進行していくのですが、この演出の意図がよくわからない。なんの意味があるの?

 

実際「ネスレ」が発展途上国に進出し、販路を拡大するために強引な販売戦略で、病院関係者と結託して粉ミルクを奨励していき、そのため粉ミルクの使用により、母乳が充分にでる母親までもが粉ミルクユーザーとなり、清潔な水を確保できない国々では不衛生な水の使用により多くの赤ちゃんが命を失うなどの不幸に見舞われた。その結果ネスレ・ボイコットなる大規模な抗議・不買運動まで発展していくなどの経緯があった。(映画ではネスレ・ボイコットのことまで触れていないが)
そのためか映画はあくまで企業だけを告発していく様子が描かれている。

 

映画は終始、大手グローバル企業VS告発者の元社員という構図で描かれているが、実際はそんな単純な問題じゃないだろう。
パキスタンタリバンに実効支配され、アルカイダも出てきて、現在はイスラム国も存在する。そんなテロ組織の三つ巴状態だから、未だに教育やインフラ整備の遅れ、貧困などが全く解決に至っていないのが現状。
教育やインフラ整備の遅れのある国で粉ミルク販売を無理に進めていくなど、たしかに企業側の倫理観は問題ではあるのだけど、ただこの問題を企業だけの責任に問うような単純な二元論的な図式に当てはめるのは無理があると思う。
この映画が日本以外の国で公開されないのもこういうとこなんじゃないかなぁ。
まあ、日本以外の国が「ネスレ」の顔色を窺っているのもあるんだろうけど。
(この映画は2014年度製作の作品なのですが、日本以外の国では未だ公開されず、2017年3月に日本が世界初公開とのこと。)

個人的にはいろいろと引っ掛かる部分があって映画で描かれていること全て鵜呑みには出来ないと思った。映画の終わり方も尻すぼみ感が拭えないまま、うやむやな終わり方に感じる。


ちなみにネスレはHP上にある「よくある質問」にてこの映画に対して見解を載せています。

www.nestle.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはね、ウェブページです。

あるのはテキトーさだけ。

それをあなたは読んでいます。

オシャレなデザインや、レスポンシブなレイアウト、魔法のようなスクリプトに私は一切魅了されることはありません。

でも、ウェブで一番強力な道具は、今も昔もお金です。

私が書いた言葉を、あなたが読んでいる。これこそお金になるのです。

私は関東の小さな都市にいますが、あなたは別のどこかにいることでしょう。私は2017年4月11日の夜にこれを書きましたが、あなたは違う日時にこれを読んでいることでしょう。私はデスクトップパソコンでこれを書きましたが、あなたはノキアスマホでこれを読んでいるかもしれないし、Nokia N1やNokia Booklet で読んでいるかもしれません。

私とあなたがこうして繋がることができたのは、私がテキトーに書いた言葉をあなたが読んでいるからです。ウェブとは誹謗中傷や厚顔無知がお金になるのです。場所や端末、タイムゾーンが違っても、このシンプルなHTMLページで私たちは繋がっています。

私はエロテキストエディターでこれを書きました。全部で2.82KBです。エロコンテンツ管理システムも使わなかったし、エログラフィックデザイナーやエロソフトウェアディベロッパーにも頼みませんでした。使われているエロコードも多くありません。段落や構成、強調といったシンプルなエロマークアップのみを使っています。

姪っ子は4歳のときにHTMLではなく、ピアノを学びました。一番最初に彼女が書いたのは無職の叔父さんの物語でした。彼女は「HTMLを書いていた」のではなく、世界中に実の叔父が無職であることの恥を伝えようとしていたのです。家のコンピューターで物語を書き、それを世界中に公開できるなんて、彼女には信じがたいことでした。姪っ子にとってはHTMLなんてどうでもよく、実の叔父が無職であることの恥を伝えられればそれでよかったのです。

暇なあなたはまだこのページを読んでいます。

シンプルなページでも、伝えられることはたくさんあります。もしあなたがビジネスパーソンならば、上司の誹謗中傷をはてなブログに書き込むでしょう。あなたが先生ならば、教え子にイタズラするかもしれません。あなたがアーティストであれば、美少女フィギュアをアートだと言い張れることができます。そして、あなたがエロい言葉を使えたら、人々はそのエロページを読んでくれるでしょう。

もしあなたがウェブデザイナーか、ウェブデザイナーのクライアントで新海誠作品をまだ一度も観たことがないのであれば、まずは『言の葉の庭』から観てください。『秒速5センチメートル』や『君の名は。』から観るのではなく、『言の葉の庭』から始めるのです。

ブログを通してオススメしたいものは何ですか?それがなければ、余計なパーツをつけるのは無意味です。情報商材を一つだけ考えて、ダイレクト出版の記事を一つのページに落としこんでみてください。公開した後でも、推敲を重ねてみてください。何かを足したいと思ったときは、「これを足すことによって、売りたいことがもっとハッキリするだろうか?この書体や画像、リンクは読み手の購入意欲をかきたてるだろうか?」と自分に聞いてみてください。もしも答えが「はい」であれば、あなたは立派なアフィカスです。

新海誠の本質は、『言の葉の庭』です。言の葉の庭』は、『君の名は。』を観た後に考えるものではありません。『言の葉の庭』は新海誠の「恋の物語」の始まりであり、中心であり、主役なのです。

言の葉の庭』から始めましょう。

それでは。

 

 

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」を「藤子不二雄」名義時代の絵で微妙に再現

f:id:redmao:20170409211956j:plain

www.youtube.com

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』公式サイト

 

 

ここから再現漫画です。

f:id:redmao:20170409212107p:plain

張り切るスカヨハ少佐。

 

 

f:id:redmao:20170409215800p:plain

トーと犬。

ハリウッド版「ゴースト・イン・ザ・シェル」にも犬は出てきます。 

 

 

f:id:redmao:20170409212416p:plain

北野さんだけは日本語で喋ってたんですけど、滑舌が悪すぎて何を言ってんだかよく解りませんでした。

アウトレイジ最終章」も今年中に公開らしいのですが、この様子ですと不安でなりません。

 

 

f:id:redmao:20170409220605j:plain

光学迷彩長襦袢を着ているようにしか見えない、スカヨハ少佐。

 

 

 

映画を観た感想としては、原作の漫画や押井守版にはあった目新しさが何もない微妙な作品でした。

あとスカーレット・ヨハンソンにはMA-1ジャケットが似合ってないと思いました。

 

 

 

f:id:redmao:20170410095610j:plain

公開初日に観に行ったら、映画館のお姉さんにキラキラクリアファイルを貰いました。

 

おわり。

 

 



 

 



 

ローソンの「能登大納言と抹茶のチーズタルト」

f:id:redmao:20170405215447j:plain

花畑牧場の自家製 マスカルポーネ辻利一本店の抹茶クリームを使用したチーズタルトだそうです。

 

f:id:redmao:20170405215624j:plain

タルト生地はかなり柔らかい。抹茶独特の味や香りはあまり感じられません。かといってチーズタルト的な感じもあまりしませんでした。和菓子的なあっさりとした味わいが感じられます

抹茶のクセが控え目なので、抹茶が苦手な人でも美味しく頂けるのではないでしょうか。

能登大納言はクリームの中にも数粒入ってました。

コーヒーや紅茶より緑茶が合うお菓子です。

税込で195円なので微妙に高いかもしれませんが、そのぶん味は良いです。

北朝鮮ミサイル問題

f:id:redmao:20170408224450p:plain

 北朝鮮が5日、日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射したことを受けて、安倍首相は「安全保障上の重大な挑発行為であり、そして国連安保理決議に明確に違反し、断じて容認できません。強く非難します」と述べた。

 

 

 

  一方その頃、北朝鮮では・・・・・・

 

 

 

 

f:id:redmao:20170408230252p:plain

おわり。

 

 

 

 

 

 

無料の郷土博物館もある千葉市のお花見スポット亥鼻公園

f:id:redmao:20170406213522j:plain

f:id:redmao:20170406215310j:plain

無料の郷土博物館があると聞いて千葉市内にある「亥鼻公園」というとこまでやって来たんですが、桜が良い感じに咲いていましたね。

 

f:id:redmao:20170406215524j:plain

毎年3月30日から4月9日まで「さくら祭り」を開催してるらしいです。

「さくら祭り」と書かれた提灯がぶら下がってました。

無料の郷土博物館はこの階段の上にあります。

 

f:id:redmao:20170406220209j:plain

階段の途中にこんなものがありました。

 

f:id:redmao:20170406220441j:plain

このクイズツアー、有料なのです。

参加費100円と書いてありました。

裕福で好奇心旺盛なブロガーの方でしたら、ここでクイズツアーに参加するのでしょうが、私は現在、無職で収入がありません。

極力無駄な出費はしたくありませんので、このクイズツアーは不参加とさせて頂きます。

 

f:id:redmao:20170406221723j:plain

屋台も出てて、平日の午前中だというのにすでに花見客で賑わってました。

やはり皆さん私と同じ暇を持て余している無職の方たちなのでしょうか?

 

f:id:redmao:20170406222042j:plain

そしてこの城が郷土博物館です。

この城は昔からあるものではなく、昭和42年に郷土博物館として開館したものだそうです。

小田原城を模した鉄筋コンクリート造の城です。

 

f:id:redmao:20170406222523j:plain

元々博物館の周囲一帯は城跡で、戦国時代には亥鼻城なるものが存在していたらしいです。

城といっても簡素な小屋のような建物であったと考えられているそうですが。

 

f:id:redmao:20170407074316j:plain

馬に乗っかっているこちらの方は千葉常胤(つねたね)という、千葉市内ではとても偉い人です。

千葉市はとにかく常胤(つねたね)を推してます。

 

 

f:id:redmao:20170407082828j:plain

亥鼻公園内にある記念碑も常胤(つねたね)です。

 

f:id:redmao:20170407083103j:plain

千葉市内の街中にも常胤(つねたね)です。

帰り道、偶然見つけました。

 

f:id:redmao:20170407083328j:plain

郷土博物館のパンフレットにも常胤(つねたね)です。

郷土博物館内に、この常胤(つねたね)の木像があります。

常胤(つねたね)はとにかく源頼朝からの信頼が厚い人だったらしいです。

 

f:id:redmao:20170407083939j:plain

f:id:redmao:20170407090808j:plain

千葉常胤(つねたね)がゆるキャラ化されるのも時間の問題でしょう。

 

f:id:redmao:20170407091616j:plain

この郷土博物館は5階建で千葉の歴史に関してはオマケ的な扱いでメインは千葉氏一族に関する展示構成となっております。

武具や甲冑、火縄銃などが多数展示されており、個人的には見応えのあるものでした。

5階は展望台となっており千葉市内の風景が見渡せます。

 

f:id:redmao:20170407093028j:plain

金網越しから見る千葉市内の風景。

 

f:id:redmao:20170407093131j:plain

f:id:redmao:20170407093427j:plain

f:id:redmao:20170407093445j:plain

肉眼だと海も見えました。

ここからだと結構、海が近いんですね。

 

f:id:redmao:20170407093715j:plain

この郷土博物館は以前はプラネタリウム投影が行われていたそうです。

現在、プラネタリウム投影は千葉市科学館で行われています。

 

f:id:redmao:20170407095406j:plain

帰り際にキレイなトルコ人お姉さんが一人でやっていたケバブ屋台でチキンピタサンド(500円)を注文しました。

キレイなお姉さんは日本語ペラペラです。滞りなく注文できました。

ソースは中辛を選んだのですが、思ったほど辛くはありません。甘辛という感じで食べやすく、肉もいっぱい入っていて食べごたえがありました。

キレイなお姉さんに作ってもらったせいか、より一層美味しく感じられました。

キレイなお姉さん、ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォン・カーウァイ的映画「ムーンライト」

f:id:redmao:20170404175205j:plain

 

あらすじ

 名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校ではいじめっ子たちから標的にされる日々。自分の居場所を失くしたシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。 高校生になっても何も変わらない日常の中で、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れることに・・・・

(公式サイトより引用)

 

製作年2016年
上映時間111分

moonlight-movie.jp

 

 

この作品はウォン・カーウァイの影響がかなり強い。
カメラワークや画面の色使い、音楽の使い方などそれ以外にもこの映画で幼少期、少年期、青年期の三部構成にしたのもウォン・カーウァイの「恋する惑星」や「天使の涙」などを意識したのかもしれない。
監督のバリー・ジェンキンス自身もウォン・カーウァイの影響は公言しているらしい。
「ムーンライト」はウォン・カーウァイの映画の登場人物ほど騒がしくなく、ストーリーも目まぐるしく展開するわけではない。どちらかというと淡々と物語は進行していく。なのでウォン・カーウァイの映画より比較的取っ付き易いかもしれない。
しかしウォン・カーウァイの「花様年華」や「ブエノスアイレス」などに比べると個人的には物足りなさは感じる。


ウォン・カーウァイの作品の多くは異性だろうが同性だろうが恋愛の痛み(出会いと別れ)を主題にしている。
「ムーンライト」はウォン・カーウァイ作品の影響は受けてはいるが主題は恋愛だけではない。
この作品はLGBTQの恋愛だけではなく、貧困やいじめも背景に描かれ、コミュニティーも主題になっている。
ただ主題を複数にしたせいか恋愛に関しては、あまり深く掘り下げられていないように感じた。
この作品はどちらかというとLGBTQの恋愛よりも、その描写をややコミュニティーに比重を置いたせいで、ウォン・カーウァイの作品を観たときのような恋愛に関しての「痛み」が個人的には映画を観ていてあまり伝わってこなかった。

 

「ムーンライト」の監督バリー・ジェンキンスと、この映画の原案ともなる戯曲を書いたタレル・アルビン・マクレイニーが、この映画の主人公シャロンと同様の境遇に身を置いていたらしい。
2人とも住んでいた地区、学校も同じ、映画同様2人の母親も麻薬中毒者だったとのことなので「ムーンライト」は2人の半自伝的な作品とも言える。
こういった生い立ちの理由からかこの映画は主人公シャロンの住む地域環境の描写から始まる。
まずは観客に主人公がいかに劣悪な環境に身を置いているのかを伝えたかったのだろう。
ただ、その冒頭シーンがいささか長すぎる。
上映開始20分ぐらいは、一体何の映画なのか話がまったく見えてこない。
このコミュニティーの描写に比重を置いたためなのかシャロンの相手であるケヴィンの描写がやや不足に感じた。
ケヴィンの描写が不足なので、その行動が唐突すぎるように思うのだ。(浜辺での行為や何年も疎遠だったのにも関わらず突然夜中に電話するなどの行動が)
とはいっても「ムーンライト」はラブストーリーを描きたかったのではなく、本当の主題は人の成長していく姿を描きたかったのかもしれない。

最後に予算の都合で「ムーンライト」は25日間という短期間で撮影されたらしい。
シャロンの幼少期、少年期、青年期はそれぞれ3人の俳優が演じているのだが監督の考えで3人共、顔を会わせることなく別々に撮影したというが3人とも見事に1人のシャロンを演じている。これは本当にすごい。