読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JAPAN珍聞

ジャパンちんぶん

北朝鮮の観光スポット「主体思想塔」

f:id:redmao:20170421214017g:plain

セブンイレブンの「とろりんぷりん 黒みつきなこ」

f:id:redmao:20170417091436j:plain

表面は黒蜜ソース。黒蜜ソースの下がきなこぷりんとなっている。

黒蜜ソースはかなり濃厚な甘さ。美味。

 

f:id:redmao:20170417091522j:plain

きなこぷりんの方は主に牛乳とクリームときな粉で構成されている模様。
だがきな粉の香りも味も感じられない。なんだか豆乳っぽい味がするが豆乳のまろやかさがあるわけではない。
あくまで豆乳モドキ。
これだったら普通に豆乳を使ったほうが良かったんじゃないの?
きなこぷりんはお世辞にも美味しいとは言えない。
甘味はかなり控え目で黒蜜ソースの濃厚な甘さと比べると落差がありすぎる。(もしかして黒蜜ソースとかき混ぜて食べる物だった?)

この質で税込160円は高い。

これだったらスイーツとうふを買ったほうがいい。

お花見スポットと心霊スポットの両方を兼ね備えた市川市「里見公園」を訪問

f:id:redmao:20170413222822j:plain

千葉県市川市国府台(こうのだい)にある里見公園は花見の名所として知られているのですが、心霊スポットとしても有名らしいです。

今回はそんな一粒で二度美味しい的な「里見公園」をご紹介したいと思います。

訪れたのはもちろん昼間です。

 

f:id:redmao:20170413224323j:plain

里見公園の最寄駅は北総線矢切駅なんでしょうが、私は京成電鉄ユーザーなので京成線の国府台駅から歩いて行くことにします。

 

f:id:redmao:20170413224916j:plain

駅の真ん前が松戸街道なのですが松戸街道沿いを歩いて行くより江戸川沿いを歩いて行くほうが近いので江戸川沿いに出ます。この地点から里見公園まで1キロメートルなので駅から歩いてくと15,6分ぐらいかかると思います。

 

f:id:redmao:20170413225641j:plain

江戸川の向う、あちら側が私のような田舎者にとっての憧れの地でもあります、世界都市「東京」です。

画像中央にうっすらと見えるのは最高高さ634メートル、世界一高いタワー「東京スカイツリー」です。

 

f:id:redmao:20170413230716j:plain

江戸川沿いを歩いて行くと「海から14.0Km」と記載された標識がありました。

この日は風が強かったせいか海から14キロメートルも離れているここら辺まで磯の香りが漂ってきてます。

 

f:id:redmao:20170413231122j:plain

この江戸川をずっと上っていくと「ダサイタマ」というところがあります。

 

f:id:redmao:20170413231522j:plain

そして江戸川沿いを真っ直ぐ歩いていきます。

 

f:id:redmao:20170413231653j:plain

この案内標識が見えたら里見公園はすぐ目の前。

 

f:id:redmao:20170414083806j:plain

この上が里見公園になります。

 

f:id:redmao:20170414084039j:plain

「羅漢の井」と呼ばれる湧水です。

昔はここらあたりは水源が乏しく、ここの湧水が重宝されていたとか。

戦国時代には里見氏一族がこの国府台に布陣した際に飲用水として使用していたらしいです。現在では飲料用に適していませんとのことなので、訪れた際は決して飲まないで下さい。

 

f:id:redmao:20170414084801j:plain

では上に登って行きます。

ニャンコ先生、こんにちは!」と無職の男が猫に元気に挨拶。

 

f:id:redmao:20170414085055j:plain

階段を昇ったその先に何か家がありました。

 

f:id:redmao:20170414085607j:plain

表側に廻ると紫烟草舎(しえんそしゃ)と書かれています。

 

f:id:redmao:20170414090049j:plain

詩人の北原白秋が小岩に住んでいた家を解体して、ここに復元したそうです。

北原白秋は小岩に住む前は里見公園近くの市川真間(まま)というところに住んでいました。

 

f:id:redmao:20170414091855j:plain

詩人で評論家の宋左近(そうさこん)の詩碑もあります。

 

f:id:redmao:20170414094940j:plain

公園内を散策すると石垣がありました。

あの石垣の上の物がいわくつきのあるアレなのです。アレがあるおかげでこの公園は心霊スポット呼ばわりされるのです。

それではさっそくアレに近づいてみましょう。

 

f:id:redmao:20170414095556j:plain

アレに近づくと「里見広次並びに里見軍将士亡霊の碑」書かれた看板があります。

看板には永禄七年(1564年)戦国武将の里見義弘が八千の軍勢を持ってこの国府台の地に陣を構え、北条氏康率いる二万の兵を迎え撃ったとのこと、しかし北条氏康に寝込みを襲われ里見広次らを始めとし五千もの兵も戦死したと書かれています。

ここは古戦場でもあったのですね。

そして戦死者を弔う者もなく文政十二年(1829年)になってようやく「里見広次並びに里見軍将士亡霊の碑」を建てたとあります。

 

f:id:redmao:20170414121216j:plain

これが「里見広次並びに里見軍将士亡霊の碑」です。

亡霊の碑と書いてあるくらいですから、おそらくずっと昔からこの地は戦死した里見将兵たちの亡霊の噂が絶えなかったんだと思われます。

 

f:id:redmao:20170414122927j:plain

そして亡霊の碑の後ろに「夜泣き石」というものもあります。

 

f:id:redmao:20170414123157j:plain

案内書きには討ち死にした里見広次の娘、十二、三歳になる姫が父の霊を弔うために安房の国から、この国府台にやって来て戦場跡の凄惨な情景を目にして、恐怖と悲しみに打ちひしがれ、この石にもたれて泣き続け、ついには息絶えてしまったとあります。

それからというもの、この石から毎夜、悲しい泣き声が聞かれるようになったとありますが、国府台合戦の記録によると里見広次は十五歳で戦死と記録されているそうです。

十五歳に十二、三歳の娘がいるのはおかしいですね。何がなんだかさっぱりよくわかりません。

里見公園はこの他にも公園内のトイレから包丁の研ぎ音が聞こえるだの、深夜に売店の電話が鳴るなどの心霊的なくだらない噂がありますが、それもこの亡霊の碑や夜泣き石の存在のせいかもしれません。

 

f:id:redmao:20170414130835j:plain

この公園含めての付近一帯には「国府台城」がかつて存在していた。

案内書きには1478年に太田道灌が仮の陣城を構えたとあり、それが国府台城の始まりとする説があるとのこと。

 

f:id:redmao:20170414140406j:plain

現在でも公園内や付近に土塁状の城郭遺構が存在しているらしいが面影がなさすぎてどれが城郭遺構なのかさっぱりわからない。

 

f:id:redmao:20170414140510j:plain

この公園は昭和初期には「里見八景園」という遊園地であったらしいです。

その後陸軍用地を経て公園として整備されたとか。

現在の里見公園は歴史的な面影がまるで感じられない市民の憩いの場となっている。

 

f:id:redmao:20170414141526j:plain

里見公園内からも世界都市東京の風景が望めます。

田舎者の私も東京で消耗したあとの都落ちというものを、いつの日か経験してみたいものです。

 

f:id:redmao:20170414142201j:plain

里見公園は古くは古墳でもあったのです。

 

f:id:redmao:20170414142802j:plain

こちらが明戸(あけど)古墳石棺です。

6世紀後半~7世紀初頭の豪族の墓と推定されてます。

 

f:id:redmao:20170414144104j:plain

公園内にはこういったものも。バックはご覧の通りお墓となっております。

お墓が隣接しているのもあって余計に心霊云々言われてるんでしょうね。

 

f:id:redmao:20170414144629j:plain

そしてこちらが市川市で一番高いところからの風景です。

市川市で一番高い場所からの風景はどんな風景なんだろうと勝手に期待に胸を膨らませていたのですが、ご覧の有様です。後ろは墓だし・・・・このガッカリ感は半端ないです。

 

f:id:redmao:20170414145322j:plain

どいうわけだか吊り橋もあります。

 

f:id:redmao:20170414145427j:plain

小さな滝もあります。

なんの感動もありません。

 

f:id:redmao:20170414145617j:plain

この日はあいにくとやっていませんでしたが公園内にはお店もあります。

夜中に閉まっている売店から電話が鳴り響くというのはこのお店のことなのかなぁ?

このお店はおそらく住宅兼店舗だと思われます。

このお店の隣に一般住宅も隣接しているから夜中の電話の怪奇現象は単に住宅の電話のベルの音なんじゃないですかね。

 

f:id:redmao:20170414150731j:plain

コーヒーセット300円は安いな。

 

f:id:redmao:20170414151018j:plain

もみじ山といわれる場所です。

 

f:id:redmao:20170414151205j:plain

紅葉の時期のもみじはもちろんキレイなのでしょうがこの時期のもみじも鮮やかなグリーンでキレイですね。

 

f:id:redmao:20170414151633j:plain

 市川市はドイツのローゼンハイム市とパートナーシティというのを締結していてローゼンハイム市からバラが寄贈されたそうです。

そのドイツのバラを里見公園内にあるバラ園で拝めることができるのです。

 

f:id:redmao:20170414153037j:plain

こちらがドイツのバラがあるバラ園でございます。

 

f:id:redmao:20170414153155j:plain

心霊とは無縁のバラ園内の風景。

 

f:id:redmao:20170414153341j:plain

それでは桜吹雪の光景で里見公園を後にします。

 

f:id:redmao:20170414153711j:plain

帰りに国府台駅近くのこのお店で遅い昼食を取ることにしました。

 

f:id:redmao:20170414153916j:plain

店内は昭和的な雰囲気のある、昔ながらの喫茶店といった感じです。

チキンカレーセット(900円)を注文しました。

チキンカレーは具は鶏肉しか入っていませんでしたが辛さ控え目で甘味のある美味しいカレーでした。

 

f:id:redmao:20170414160652j:plain

食後にコーヒーと紅茶のゼリーが運ばれてきました。

コーヒーは酸味の少ないマイルドな味わいで飲みやすかったです。

紅茶のゼリーはさっぱりとした味わいで、これもまた美味しい。

 

ダニス・タノヴィッチ監督作品 映画「汚れたミルク あるセールスマンの告発」

f:id:redmao:20170412112820j:plain

 

あらすじ

1997年。ある大手グローバル企業が、パキスタンで粉ミルクを強引に販売したことによって、不衛生な水で溶かした粉ミルクを飲んだ乳幼児が死亡する事件が発生した。セールスマンのアヤンは、自らが販売した商品が子どもたちの命を奪っている事に気づき、世界最大企業を訴えようとする。アヤンの前に立ちはだかる、途方もなく巨大な権力の壁。しかし、男は人生の全てを投げうって立ち向かう。子どもたちを守るため、そして愛する家族のために─。これはパキスタンで実際に起こった事件を基に描かれる、隠された真実の物語。
(公式サイトより引用)

 

製作年2014年
上映時間90分

www.bitters.co.jp

 

この大手グローバル企業というのが「ネスレ」なのですが、劇中ではドキュメンタリー映画を製作するという設定で描かれていて、最初に「ネスレ」と実名を出しておきながら、訴えられたら困るとの理由ですぐさま「ネスレ」を「ラスタ」という仮名に変えてしまいます。以降「ラスタ」を仮名のままに物語は進行していくのですが、この演出の意図がよくわからない。なんの意味があるの?

 

実際「ネスレ」が発展途上国に進出し、販路を拡大するために強引な販売戦略で、病院関係者と結託して粉ミルクを奨励していき、そのため粉ミルクの使用により、母乳が充分にでる母親までもが粉ミルクユーザーとなり、清潔な水を確保できない国々では不衛生な水の使用により多くの赤ちゃんが命を失うなどの不幸に見舞われた。その結果ネスレ・ボイコットなる大規模な抗議・不買運動まで発展していくなどの経緯があった。(映画ではネスレ・ボイコットのことまで触れていないが)
そのためか映画はあくまで企業だけを告発していく様子が描かれている。

 

映画は終始、大手グローバル企業VS告発者の元社員という構図で描かれているが、実際はそんな単純な問題じゃないだろう。
パキスタンタリバンに実効支配され、アルカイダも出てきて、現在はイスラム国も存在する。そんなテロ組織の三つ巴状態だから、未だに教育やインフラ整備の遅れ、貧困などが全く解決に至っていないのが現状。
教育やインフラ整備の遅れのある国で粉ミルク販売を無理に進めていくなど、たしかに企業側の倫理観は問題ではあるのだけど、ただこの問題を企業だけの責任に問うような単純な二元論的な図式に当てはめるのは無理があると思う。
この映画が日本以外の国で公開されないのもこういうとこなんじゃないかなぁ。
まあ、日本以外の国が「ネスレ」の顔色を窺っているのもあるんだろうけど。
(この映画は2014年度製作の作品なのですが、日本以外の国では未だ公開されず、2017年3月に日本が世界初公開とのこと。)

個人的にはいろいろと引っ掛かる部分があって映画で描かれていること全て鵜呑みには出来ないと思った。映画の終わり方も尻すぼみ感が拭えないまま、うやむやな終わり方に感じる。


ちなみにネスレはHP上にある「よくある質問」にてこの映画に対して見解を載せています。

www.nestle.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはね、ウェブページです。

あるのはテキトーさだけ。

それをあなたは読んでいます。

オシャレなデザインや、レスポンシブなレイアウト、魔法のようなスクリプトに私は一切魅了されることはありません。

でも、ウェブで一番強力な道具は、今も昔もお金です。

私が書いた言葉を、あなたが読んでいる。これこそお金になるのです。

私は関東の小さな都市にいますが、あなたは別のどこかにいることでしょう。私は2017年4月11日の夜にこれを書きましたが、あなたは違う日時にこれを読んでいることでしょう。私はデスクトップパソコンでこれを書きましたが、あなたはノキアスマホでこれを読んでいるかもしれないし、Nokia N1やNokia Booklet で読んでいるかもしれません。

私とあなたがこうして繋がることができたのは、私がテキトーに書いた言葉をあなたが読んでいるからです。ウェブとは誹謗中傷や厚顔無知がお金になるのです。場所や端末、タイムゾーンが違っても、このシンプルなHTMLページで私たちは繋がっています。

私はエロテキストエディターでこれを書きました。全部で2.82KBです。エロコンテンツ管理システムも使わなかったし、エログラフィックデザイナーやエロソフトウェアディベロッパーにも頼みませんでした。使われているエロコードも多くありません。段落や構成、強調といったシンプルなエロマークアップのみを使っています。

姪っ子は4歳のときにHTMLではなく、ピアノを学びました。一番最初に彼女が書いたのは無職の叔父さんの物語でした。彼女は「HTMLを書いていた」のではなく、世界中に実の叔父が無職であることの恥を伝えようとしていたのです。家のコンピューターで物語を書き、それを世界中に公開できるなんて、彼女には信じがたいことでした。姪っ子にとってはHTMLなんてどうでもよく、実の叔父が無職であることの恥を伝えられればそれでよかったのです。

暇なあなたはまだこのページを読んでいます。

シンプルなページでも、伝えられることはたくさんあります。もしあなたがビジネスパーソンならば、上司の誹謗中傷をはてなブログに書き込むでしょう。あなたが先生ならば、教え子にイタズラするかもしれません。あなたがアーティストであれば、美少女フィギュアをアートだと言い張れることができます。そして、あなたがエロい言葉を使えたら、人々はそのエロページを読んでくれるでしょう。

もしあなたがウェブデザイナーか、ウェブデザイナーのクライアントで新海誠作品をまだ一度も観たことがないのであれば、まずは『言の葉の庭』から観てください。『秒速5センチメートル』や『君の名は。』から観るのではなく、『言の葉の庭』から始めるのです。

ブログを通してオススメしたいものは何ですか?それがなければ、余計なパーツをつけるのは無意味です。情報商材を一つだけ考えて、ダイレクト出版の記事を一つのページに落としこんでみてください。公開した後でも、推敲を重ねてみてください。何かを足したいと思ったときは、「これを足すことによって、売りたいことがもっとハッキリするだろうか?この書体や画像、リンクは読み手の購入意欲をかきたてるだろうか?」と自分に聞いてみてください。もしも答えが「はい」であれば、あなたは立派なアフィカスです。

新海誠の本質は、『言の葉の庭』です。言の葉の庭』は、『君の名は。』を観た後に考えるものではありません。『言の葉の庭』は新海誠の「恋の物語」の始まりであり、中心であり、主役なのです。

言の葉の庭』から始めましょう。

それでは。

 

 

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」を「藤子不二雄」名義時代の絵で微妙に再現

f:id:redmao:20170409211956j:plain

www.youtube.com

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』公式サイト

 

 

ここから再現漫画です。

f:id:redmao:20170409212107p:plain

張り切るスカヨハ少佐。

 

 

f:id:redmao:20170409215800p:plain

トーと犬。

ハリウッド版「ゴースト・イン・ザ・シェル」にも犬は出てきます。 

 

 

f:id:redmao:20170409212416p:plain

北野さんだけは日本語で喋ってたんですけど、滑舌が悪すぎて何を言ってんだかよく解りませんでした。

アウトレイジ最終章」も今年中に公開らしいのですが、この様子ですと不安でなりません。

 

 

f:id:redmao:20170409220605j:plain

光学迷彩長襦袢を着ているようにしか見えない、スカヨハ少佐。

 

 

 

映画を観た感想としては、原作の漫画や押井守版にはあった目新しさが何もない微妙な作品でした。

あとスカーレット・ヨハンソンにはMA-1ジャケットが似合ってないと思いました。

 

 

 

f:id:redmao:20170410095610j:plain

公開初日に観に行ったら、映画館のお姉さんにキラキラクリアファイルを貰いました。

 

おわり。